スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新報告とか製作の小技とか


今回は更新報告は少なめです。

「設剣ミーネ」を製作。
weiss_Miene

見てのとおり、バリバリにジャギってます。
これは仕様上仕方ないかな、という部分なので目をつぶっていただけると。
また、この技にもエフェクトがあるのですが、画像の角度を変更したりする関係でヘルパーを大量に汚く使用します。
CNSの記述も私的にかなり醜い。とはいえちゃんと動きますし、正直あれを綺麗に纏める技量がない、というのもあって、修正は多分しませんw
うーん、力不足を感じます。

えー、もう一つ、とりあえず「動剣テーティヒカイト」も形だけは出来ているのですが、いかんせんクオリティが低く。
ここに乗せるのはもう少し後になりそうです。

これで必殺技の形も出来ていないのは「群剣グライフェン」のみとなりました。
これもまた剣のエフェクトを回転させたり動かしたりで処理が面倒そうな技です……w

作るのが面倒な技はキャラ製作の弊害の一つですが、ここにこうして製作状況を書いている以上は完成させるつもりです。


ここからはMUGENのキャラ製作をしている方に読んでいただけると。
ヘルパーを多用するキャラで処理落ちがひどい、という時に私が使う手法です。
さんざん既出の小技かもしれませんが、まあ自己満足程度にひとつ。


通常、ヘルパーを大量に使用すると処理が重くなり、場合によっては画面がカクついてしまうことになります。
これの原因はヘルパーを呼び出す記述にある"ownpal=1"という部分。
ヘルパーに独自のパレットを持たせる記述ですが、処理を重くする原因となります。
これを"ownpal=0"にすることでヘルパーは親と共通のパレットを持つことになり、処理は軽くすむ。

ここまでは皆さんご存知のことと思います。
しかし、"ownpal=0"にすると親がPalFxなどで色に変化を加えられると、ヘルパーまで色が変わってしまう、という弊害も同時に存在します。

私のキャラですと、エクステンドでキャラクターが発光するような変化をパレットにしていますので、当然ヘルパーも発光します。
それで自然な場合は問題ないのですが、私のヴァイスの場合……
weiss_hel1

このように、剣まで白くなってしまって違和感です。
しかし"ownpal=1"にすると処理が重い。

そういう場合、一つダミーのヘルパーを間に置いて、そのダミーヘルパーから"ownpal=0"で別のヘルパーを出現させることで問題を解決できます。

またしても手前味噌ですが、私のヴァイスで上の処理を行った場合、
weiss_hel2

親の色が変化してもヘルパーに変化は起きなくなります。

ここで重要なのは、ダミーヘルパーは"ownpal=1"で出現させること。
そうでなければ、ダミーヘルパーも親と共通のパレットを所有する事になるので、そこから"ownpal=0"で出したヘルパーのパレットは当然、親=ダミーヘルパー=ヘルパーの関係になってしまいます。

こんなところでしょうか。
初めに書いたように、これは常識的なことかもしれませんが、一応書いてみました。
まあいつか誰かの役に立つかもしれないので。お役に立てたら光栄です。

では。

スポンサーサイト

テーマ : mugen
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bey

Author:bey
フリーの格闘ゲームツール、M.U.G.E.N.のキャラクターなど作ってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。